〒790-0932 愛媛県松山市東石井6丁目12-32 1F
フィットネスクラブウェルビー
【営業時間】10:00〜13:30 15:00〜21:00(土は18:00まで)
 ※お電話でのお問合せ受付は営業時間の30分前までとなります
【定休日】日・祝祭日・夏季・年末年始
【駐車場】あり

見学はいつでもOK。無料体験も随時実施中exclamation
お問合せ・無料体験のご予約は☎089-958-1930まで‼
骨密度測定会を実施します!10月30日(月)10時〜13時30分迄

2011年02月09日

運動効果の頭打ちを防止するコツ

フィットネスクラブウェルビーです。


今日から伊予路に春を呼ぶと言われる椿まつり、通称「お椿さん」が3日間
開催されます。

寒さも段々とやわらいできたように感じますね。

新しい年を迎えて、心機一転新しいことにチャレンジされる方が増え、
ウェルビーでも多くの方々にご入会をいただいております。


皆様の目標をサポートできるよう努めていきたいと思います。


ウェルビーでご提供している「サーキット運動」は、施設内に配置された
複数の油圧式マシーンやステップボードを時計周りに順次移動していきながら
各30秒間ずつトレーニングしていきます。


もちろんご自分のペースで、無理なくスタートできますので、運動初心者の方や
リハビリとしてもご利用いただけます。


昨年4月にオープンして今月で11ヶ月目を迎えましたが、長く頑張って続けて
おられる方が大勢いらっしゃいます。


長く運動を続けられている方は、場合によっては徐々にその効果が頭打ちになる
ことがありますバッド(下向き矢印)

現状を維持していくどころか、内容によっては逆に効果が落ちてしまうことも
珍しくありませんあせあせ(飛び散る汗)

同じ運動を毎回ずっと続けていくと、身体への刺激がマンネリ化してしまい、
そのような現象が起こります。


それらを予防・解消するために、ウェルビーではマシーンの配置・順序を定期的に
変えたり、いつもとは違う反対周りで移動して運動したりする等の工夫をしています。


マシーンのグリップ位置をいつもと変えてみたり、負荷を上げてみるパンチのもいいですね。


男性の方だと油圧式マシーンではなく、ウェイトスタック式マシーン(重りを上げるタイプ)
を利用してみる方法もあります。


マンネリ化してくると、運動もつまらなくなってくるものです。


時には立って乗るだけの「ぶるぶるマシーン」を利用してすぐに帰るのもひとつの方法。


ちょっとした工夫で運動にメリハリがつき、マンネリ化を防ぐことができます。


ご不明な点などございましたら気軽にスタッフまで声をおかけください。
親身になってサポートさせていただきますexclamation


皆様のご来店を心よりお待ちしていますわーい(嬉しい顔)

posted by ウェルビー | Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニングのコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月30日

運動強度について

フィットネスクラブウェルビーです。


今回は運動強度のお話。


実際にウェルビーでサーキット運動を行なう上で、どのくらい頑張れば
いいのか不安な方や分からない方もいらっしゃると思います。

体力には個人差がありますし、やみくもに頑張ればいいというわけ
でもありません。


有酸素運動においては一般的に『心拍数』を運動強度の指標にして
いますが、ウェルビーのサーキット運動でも、この『心拍数』
運動強度の参考にしていただきます。

この心拍数をとることで、今行なっている運動の強度が足りないのか、
強すぎるのか、それを数字で客観的に判断することができます。


サーキット運動においては、「筋トレ+有酸素運動」の効果を最大限
に発揮するためにも、最大心拍数の60%〜70%の強度で行なうこと
をおすすめしていますexclamation×2

分かりやすく表現すると、運動中でも会話が出来るくらいの強度、と
いう感じでしょうか。

また、これくらいの運動強度が最も体脂肪が燃えやすいのですどんっ(衝撃)

※最大心拍数は、一般的に220回から年齢を差し引いた数字(1分間)で
 表されます(当然、個人差があります)


ウェルビーでは、年齢区分ごとにどのくらいの心拍数で運動すれば良いか
を客観的に判断するための早見表を作成しています。

これを参考にして、運動途中に心拍数を計測することで、より効率的に
サーキット運動を行なうことができると思いますexclamation
(運動中に10秒間、心拍数を計測します)



明日からはついに師走exclamation
とても肌寒い季節ですが、ウェルビーのサーキット運動で寒さを吹き飛ばし、
楽しく健康的な体を作りましょう!


皆様のご来店を心よりお待ちしていますわーい(嬉しい顔)


posted by ウェルビー | Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニングのコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

水分補給について

フィットネスクラブウェルビーです。


ウェルビーでは運動前、運動中、運動後にしっかりと「水」を補給して
いただくようお客様にお願いしています。


しかし「水」って普段意外に飲まれていない方が多いようです・・・


厚生労働省では、”健康のため水を飲もう推進運動”を展開しています。


それによると
「体の中の水分が不足すると、熱中症、脳梗塞、心筋梗塞など、さまざまな
健康障害のリスク要因となります。
健康のため、こまめに水を飲みましょう。」

とあります。

寝る前、起床時、スポーツ中及びその前後、入浴の前後、そしてのどが
渇く前に水分補給を心がけることが重要、とあります。

特に中高年の女性は普段から「脱水症状気味」である方が多いと言われています。


これからはいよいよ暑い時期を迎えますあせあせ(飛び散る汗)


運動に伴う熱中症による死亡事故も後を絶えません。


水分補給のポイントは「のどが渇く前に飲むexclamation」。これが基本です。


脱水症状が続いてしまうと筋肉細胞が萎縮して動かなくなり、エネルギーの
燃焼効果も悪くなってしまいますバッド(下向き矢印)


ウェルビーにお越しの際はぜひ500mlのミネラルウォーターを毎回1本、
飲み切るつもりで、しっかり水分を補給してくださいexclamation
※店内でも1本500mlを100円で販売しています。

もちろん水で太る!なんてことはありませんよexclamation×2水は0カロリーですからねグッド(上向き矢印)


実際のサーキット運動中の水分補給のコツも指導させて頂いておりますので、ご安心を。


皆様のご来店、心よりお待ちしていますわーい(嬉しい顔)


posted by ウェルビー | Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニングのコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする